プロペト。 プロペトの効果・塗り方は?白色ワセリンとの違いも解説

白色ワセリンとプロペトの違いについて。どちらも保湿剤として病院...

プロペト

気になる所から確認してみよう• プロペトの4つの副作用 それでは早速プロペトの4つの副作用についてご紹介します。 かぶれ、赤み、発疹 プロペトは副作用の少ない外用薬ですが、副作用の中でも多いのがかぶれ、 赤みや発疹です。 赤みなどが出てしまったらプロペトの使用をやめ、他の保湿剤などに切り替えましょう。 ニキビ プロペトは油ですので、毛穴をふさいでしまいニキビを悪化させてしまうことがあります。 ニキビの上やニキビができやすいところは塗るのを避け、また他の部分もなるべく薄塗りにするようにしましょう。 色素沈着 プロペトなどワセリンは、紫外線に当たると焼けやすくなり、色素沈着につながる可能性があります。 そのため、プロペトをつけただけで外に出るのはお勧めしません。 しっかりと 日焼け止めを塗れば色素沈着は防げますので、外に出る際は十分注意してくださいね。 かゆみ アトピー性皮膚炎の方にも有効なプロペトですが、例えば入浴後など、肌が熱を持っている時に塗ると、 体内に熱がこもりやすくなり、かゆみが出ることがあります。 プロペトは、肌への刺激がすくないのが特徴ですが、体質的に合わないということもあります。 上記のような症状が出た場合は、プロペトの使用を中止してください。 できれば保湿剤を変更するのが望ましいですが、白色ワセリンのもう一段階精製度を上げたものを使用するのも手です。 サンホワイトという医薬部外品で、プロペトより高価ですが薬局やネット通販で入手することができます。 ただし、副作用の症状がひどい場合は病院で診察を受けることをお勧めします。 スポンサーリンク プロペトは顔や唇に使用できる? 今回はまずは副作用からお伝えしましたが、元来プロペトはお肌に非常に優しい成分でできています。 その理由をご説明しましょう。 プロペトは自然成分 プロペトなどワセリンは石油から作られている油です。 石油と聞くと、あれっ?と思われる人もいるかもしれませんが、石油は自然成分で、大昔の植物や動物が変化した有機物です。 また、元は石油から取れるワックスからできていますが、人の肌に触れても大丈夫なくらい精製度を高めています。 油なので、皮膚から吸収されることはありませんし、プロペトは精製度が高いので、眼科の軟膏の基剤として使われるほど。 目の中に入れても大丈夫なくらい安全なものです。 プロペトは顔や唇への使用にぴったり ドラッグストアでよく見かける、黄色っぽいワセリン(Vaselineと表記があったりします)をご存知でしょうか。 これはプロペト(白色ワセリン)よりも純度の低い黄色ワセリンです。 もちろん、黄色ワセリンも肌の保護や保湿にぴったりです。 ですが、 それよりも純度の高いプロペトは皮膚の薄い部分、顔や唇の使用に適しているのです。 さて、肌に優しく、顔や唇にも使える万能なプロペトですが、幾つか使用上の注意点があります。 次の項目で詳しくご説明します。 スポンサーリンク プロペトを使うにあたっての注意点 プロペトは、肌にすっと伸びやすいワセリンで、肌の表面に油の膜を張ってくれます。 すると、肌表面の水分を保持することができ、しっとりとした肌を得ることができます。 幾つか注意点をご紹介しますので、正しくプロペトを使いこなしましょう。 プロペトをつけるときの注意 プロペトをつけるときは、決して肌にすり込まないようにしてください。 すり込むと肌への刺激になってしまいます。 しっとりとした肌を実現するためにも、塗り方は非常に大事です。 プロペトは肌にのせるような感じで優しく、薄く馴染ませましょう。 さらに、先ほどもお伝えしたように、日光を長時間浴びるときは日焼け止めを忘れずに。 色素沈着を防ぐためです。 アトピーの方は使用方法に注意 プロペトはアトピー性皮膚炎にも有効な薬で、皮膚科でもよく処方されます。 ですが、アトピーの方の皮膚はとてもデリケートですので、必ずしも全員の方に有効というわけではないようです。 もし、プロペトをお試しになりたい方は以下の点に注意してください。 赤ちゃんの肌に使用する場合に注意すること プロペトは肌に優しいのでもちろん赤ちゃんの肌にも使用できますし、赤ちゃんがなめてしまっても全く影響ありませんので安心してください。 ただし、赤ちゃんの肌は大人の肌と異なる部分もあるので、次のことに注意してください。 発疹や皮膚炎のある肌には使用しないでください。 汗腺をふさがないよう、汗をかきやすい部分(脇や肘、膝の裏側など)は避けて、薄く塗るようにしてください。 赤ちゃんに肌トラブル!そんなときは 赤ちゃんの肌は刺激に非常に敏感です。 汗、オムツのムレなどであっという間に赤くなったり発疹が出てしまったりするでしょう。 プロペトは油で皮膚表面をラップしているように保護するものですから、 赤みや発疹、炎症を治すことはできません。 新生児や乳児の赤みや発疹がある肌を治療するのにお勧めなのは、プロペトではなく、 キンダベート軟膏です。 キンダベート軟膏は、マイルドなステロイド成分の入った軟膏で、乳児や幼児に処方される塗り薬です。 もし、赤ちゃんが乳児湿疹やおむつかぶれ、あせもなどの症状がある場合は、こちらを使用してみてください。 【関連記事】 まとめ さて、今回はプロペトの副作用や使用上の注意点についてお伝えしましたがいかがでしたか? 敏感な肌をお持ちの方は、十分注意して使用するようにしてください。 最初は小さな範囲で試し付けをしてみて、徐々に面積を広げてみてくださいね。 プロペトの効果や市販情報についてはこちらの記事を参考にしてみて下さい。 普通〜やや敏感肌の方は、塗り方さえ気をつければ、ニキビや色素沈着などの副作用は抑えられますし、身体中に使えるプロペトは本当に便利です。 ぜひ、プロペトでしっとり肌を目指しましょう。 当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。 スポンサーリンク.

次の

プロペトと白色ワセリンの違いはこれ!市販も色々あるけど何が違うの?

プロペト

1-1-• 2-1- 2-2-• 3-1- 3-2- 3-3-• プロぺトは白色ワセリンの不純物を取り除いて純度を高くしたものになります。 プロぺトは、2種類あって 一般薬のプロぺトホーム(第3類医薬品)と医療用プロぺトです。 では病院で処方されるプロぺトと市販薬のプロぺトホームは何が違うのでしょうか? 実は成分は全く同じものなんです!ビックリ!高純度の白色ワセリンになります。 医療医薬品は2種類あって、1つは処方箋が必要な医薬品、もう一つは処方箋が必要ない医薬品になります。 プロぺトは必要ない方の医薬品になるようです。 その為薬局で販売できるのですが薬剤師が販売する、販売記録や患者の氏名、連絡先薬歴管理など面倒なことが多いので調剤薬局ではあまり売ることに積極的ではないようですね。 ですが第3類医薬品なので、薬局以外でもドラッグストアやネット通販でも購入できますので、わざわざ皮膚科に行かなくてもよく手軽に購入できるのはうれしいですね。 結局処方箋も不要でプロペトは購入できるという事ですね。 プロペトは主にネットで売られている事が多いですね。 第3類医薬品 プロぺトホーム100g 丸石製薬 ¥818 アマゾン• 第3類医薬品 プロぺトホーム100g 丸石製薬 ¥925 Yahoo! ショッピング• 第3類医薬品 プロペトホーム 100g 丸石製薬 ¥979 ポンパレモール• 第3類医薬品 プロぺトホーム100g 丸石製薬 ¥980 楽天市場 他ネットサイトによって値段が微妙に違うようですがほぼ¥1000以下で売られているようですよ。 ここで病院に行った方が、市販で買うよりも安く上がるんじゃないの?と思われる方がいると思います。 確かに初診料はかかりますが、保険がきくので市販薬を買うよりは安くつくようですね。 ですが、病院ではプロペトを出すと利益が少なくなる為(精製コストがかかる)体など(広い部分)の時は、白色ワセリンを出すことが多いようです。 顔や目の周りといったデリケートな部分には、プロペトを処方するようですよ!どうしてもプロペトが良いという人は、白色ワセリンではかぶれてしまうと言えば出してくれるようです。 プロペトは何も塗らないよりはマシ・・・ですが、本当に質の良い保湿を望むのであればプロペトやワセリンはおすすめできません。 なぜかというとプロペトには以下のようなデメリットがあるからです。 プロペトは油分で出来ているために皮膚の上に膜を張るようなイメージになります。 そのため 熱を閉じ込めてしまって痒みが増してしまいます。 だから体温の高い赤ちゃんや運動量の多い子供にはおすすめできません。 もちろん大人でも汗をかきやすい場合にはプロペト(ワセリン)を塗るのは逆に悪化させる原因になってしまうんですね。 よく入浴後にプロペトを全身に塗ったりする方がいますがホットな状態で塗るのは汗を閉じ込めてかゆみや肌荒れを悪化させてしまう恐れがあるので冷ましてから塗るようにしてください。 プロペトは石油系のクリームですので日光(紫外線)にあたる と日焼けしやすくなって肌荒れを引き起こしますし、色素沈着にもつながってしまいます。 そもそもアトピーや敏感肌の方は日焼けNGなのにプロペトを塗ることで悪化させてしまう恐れがあるんですね。 また、 酸化しやすいのも油分クリームの特徴で肌に負担がかかってしまいます。 特に毛穴の中に入り込んで酸化してしまうと過酸化脂質に変化してしてしまい肌に良くないですね。 洗い流すにもしっかり洗わないといけないのでゴシゴシ洗いを助長してしまいます。 またプロペト以外でも乳化剤が入った市販の保湿クリームでは皮脂膜が溶けちゃうので乾燥肌を悪化させてしまいます。 見せかけの保湿にはホント要注意ですね。 実際にアトピーや敏感肌(乾燥肌)の人の中には、プロぺトでかぶれてしまうという人もいるようです。 プロぺトは油分のみを補う役目しかないので、水分を補うことができないためアトピーや敏感肌の症状を抑えることができないのかもしれませんね。 しっかり保湿したいのであれば油分の保湿剤ではなく水で保湿できるものを選ぶのが良いでしょう。 肌がしっかり呼吸できるので保湿していても蒸れたりしにくくバリア機能も優れています。 いかにアトピーや敏感肌向けの保湿クリームを「赤ちゃん・子供向け」「大人向け」でランキング化していますので参考にチェックしてみてください。 迷ったら赤ちゃんや子供の保湿にはファムズベビーがおすすめです。 私も6カ月くらい子供に使用していますがプロペトを使用していた時に比べてだいぶあせもも良くなりました。 季節の問題もあるかもしれませんが、それまではなかなか治らなかったガサガサ肌やあせもがきれいになっていくのは感動ものです。 こんな感じのローションでイメージとしては全身使える乳液といった感じです。 もちろん大人でも使用できますので赤ちゃんと自分用で一緒に使うのもアリです。 プロペトを使っていた時のわが子はこんな感じでひざの後ろがかなりガサガサ・・・1年以上処方してもらったワセリンやプロペトを塗っていましたが改善されず・・・。 同じ病院に通っていた友人にファムズベビーを聞いて使い始めて半年ほどで見事にきれいになりました。 やっぱりオイルでの保湿はあまり意味がないという事を痛感!そこから自分もオイルでの保湿はやめて下で紹介している「ディセンシアつつむ」をに切り替えました。 プルミーの公式キャンペーンはココでしかやっていませんのでご注意ください。 高浸透保湿成分「セラミドナノスフィア」で細胞間脂質にセラミドを補給してくれ、角質の奥まで入り込み潤いが不足している個所にパズルのように入って保湿してくれます。 また、必須保湿成分「アミノコンプレックス」が角質層を潤いで満たしてくれます。 潤いを満たしたらそれが逃げないようにしなければいかないのですが、「エモリエントプール」という成分が角質表面で蒸発を防いでくれますのでいつまでも潤いが続く感触です。 付け心地は水由来なのでベタつきは無くさらっとしていますよ。 いままでプロペトを塗っていた方はその違いを実感できるはずです。 価格 1,470円 評価 備考 初回限定のお試しセット アクアゲルマジェルの特徴 アクアゲルマジェルはプロペトのようなオイル(油分)クリームではなく、オイルフリーのジェルクリームです。 日本製で完全無添加ですね。 主にアトピー肌の方に愛用されていてその効果の高さから実際にアトピー改善されたという声が多くあります。 ナノ還元水で角質層を均一に満たしてくれるのできめの細かい肌質になりますよ。 他には人工皮膚にも使用されているリピジュアという成分が入っており、高保湿が可能になっていますね。 保湿したらしっかり保護するのですが、アクアゲルマジェルは有機ゲルマニウムで角質細胞を守る膜であるCEを保護して保湿を長持ちさせます。 価格 3,980円 評価 備考 価格は定期コースの場合(3回継続) 私もプルミーを最初は使っていたんですが、「ディセンシアつつむ」にしてからはずっとこれを使っています。 写真は初めてトライアルセットを購入した時の様子です。 個人的に手や首回り顔に塗っていてすごく良いのがこのフェイスクリームです。 今までは乾燥肌が酷くて小じわも目立っていたんですが知っとる潤うので肌のきめが細かくなって首周りに残っていた子供のころからのアトピー(軽度)も改善されてきました。 手もスベスベになって正直あまり人には教えたくないアイテムです。 こちらも1日2回私は使用しているローションセラムEです。 私はアトピーの残っている首周りに塗っているんですが、最初にこのローションを塗ってフェイスクリームを塗るのがおすすめです。 ひりひりした感じも一切なく使用感は気持ちいいです!とにかく一度は体験してもらえれば分かってもらえると思います。 ディセンシアはまず14日間のお試しセットを使用するのがお得ですしおすすめです。 もし市販で販売されている普通のシャンプーを使っているという場合はかなり要注意ですね。 普通のシャンプーは高脱脂でとにかく必要な脂・皮脂・必要な常在菌まですべて洗浄で洗い流してしまいます。 そこで必要になってくるのはアミノ酸シャンプー&保湿です。 アミノ酸は肌を構成している成分と近い成分で構成されているので肌に負担が非常に低く、しっとり潤うのが特徴です。 また、その他保湿成分や整肌成分が含まれている点も非常に重要です。 アトピーや敏感肌の場合、乾燥が最もよくないので重視すべき点ですね。 水にもこだわったシャンプーや成分が素晴らしいシャンプーがいくつかありますがあまり市販では見かけないし、有名でもなかったりするので情報を収集することが必要になってきますね。

次の

白色ワセリン:プロペト

プロペト

黄色ワセリン 黄色ワセリンを上から見た画 黄色ワセリンは 石油の成分(パラフィン基原油)から精製され作られています。 石油の成分!? 肌に悪そうですが、精製の過程で石油不純物はほとんど除去されています。 しかし、わずかな不純物を含み、 かぶれなどの副作用を起こす確率はゼロではありません。 不純物の種類• 硫黄化合物• 窒素化合物• 金属化合物• 芳香族炭化水素• 不飽和炭化水素など 白色ワセリン 白色ワセリンを上から見た画 白色ワセリンは黄色ワセリンを 脱色したワセリンです。 違いは色です。 白色ワセリンとは、通常 日本薬局方の白色ワセリンを指します。 (例外もあり) 日本薬局方の白色ワセリン 1g中 日局白色ワセリン 1g含有 (日本薬局方の白色ワセリンの基準を知りたい方は、の「ワ行」をどうぞ) 白色ワセリンは「黄色ワセリンから 不純物を除いたワセリン」と思っている方もいますが、白色ワセリンと黄色ワセリンの不純物量は同程度です。 白色ワセリンと黄色ワセリンの違いは 色です。 (ワセリンの色がより白色(透明)に近づく) さらに、白色ワセリンにサリチル酸を混ぜると、皮膚をやわらかくする作用のあるができあがります。 『』 塗り心地の面では黄色ワセリンと違いはなく、ベトベト(べたべた?)しています。 また、白色ワセリンは紫外線(光)や熱による酸化が起こります。 使っている間に自然に黄色くなっていきますが、普通に使うには問題ありません。 プロペトと白色ワセリンの違い プロペトを上から見た画 プロペトは白色ワセリンから 不純物をさらに精製し、 純度を高めた白色ワセリンです。 プロペトと白色ワセリンとの大きな違いは、プロペトは目に使う軟膏基剤として使えることです。 プロペトはそれくらい純度が高い白色ワセリンなのです。 そして、皮膚科ではステロイドやとして使われるケースも多いです。 『』 ただし、ステロイドにヒルドイドやプロペトを混合しても、ステロイドの強さが弱くなるわけではありません。 『』 また、 プロペトは白色ワセリンより純度が高いため、独特のベトベト感が少なくなっています。 (プロペトの市販は後で解説) (2017年10月、200gのプロペトも発売) サンホワイトは市販のみ 最高級のワセリン「」を無視するわけにもいきません。 タイトルの趣旨からそれますが、少し解説します。 サンホワイト(サンホワイトP-1)は白色ワセリンから不純物をさらに精製し、 純度を高めた香料、着色料、保存料無添加の 究極の白色ワセリンです。 ただし、 プロペトと白色ワセリンと違い、病院で処方することができません。 その理由とサンホワイトの詳細はこちらで解説しています。 『』 白色ワセリンの市販• 日局白色ワセリン• 日本薬局方 白色ワセリン 商品に下線の記載がある白色ワセリンの市販は、どのメーカーも同じ基準を満たしたワセリンです。 しかし、• 白色ワセリン• ワセリン• ヴァセリン(Vaselin) と記載されている白色ワセリンの市販は、塗り心地や色などがメーカーによって違います。 特にヴァセリン(Vaselin)の色はかなり黄色かかっています。 白色ワセリンではなく黄色ワセリンよりです。 プロペトの市販 プロペトの市販には プロペトホームがあります。 市販用のプロペトホームと病院用のプロペトは、パッケージが違うだけです。 中身の白色ワセリンは同じモノを使っています。 『』 白色ワセリン、プロペトホームの市販価格 2018年5月現在のアマゾンの値段 (リンクをクリックすると最新の値段を調べられます) 市販薬 写真 メーカー 大洋製薬 丸石製薬 用量(g) 500 100 値段(円) 960 960 1gあたりの値段 1. 92 9. 6 1gあたりの値段は白色ワセリンが抜群に安いです。 プロペトホームは チューブタイプのみ市販されています。 プロペトホームは携帯するのにはいいですが、値段を比べてしまうと約5倍「ん~」と悩んでしまいますね。 白色ワセリンを買って百均の小さなケースで小分けして使うのが、一番お得なワセリンの利用方法でしょう。 『』 まとめ• 白色ワセリンとプロペトは日本薬局方の黄色ワセリンをベースに作られている。 白色ワセリンは、黄色ワセリンを脱色したワセリン。 プロペトは、白色ワセリンから不純物をさらに精製し、純度を高めた白色ワセリン。 黄色ワセリン、白色ワセリン、プロペトは健康保険が使えるが、サンホワイトは健康保険が使えない。 白色ワセリンのおすすめ市販はニーズで違う。

次の