パワーストーン 捨て 方。 パワーストーンの捨て方について

パワーストーンを浄化を日光浴で|行い方や時間帯の本当の話

パワーストーン 捨て 方

あなたは、力を使い切ってしまったパワーストーン、どんな風に処分していますか? どんなに力の強いパワーストーンでも、どんなに大切に使っていても、形があるものですからいつかは処分しなければならないときが来てしまいます。 そんなときに、あなたに力を貸してくれたパワーストーンをどのように処分するかが、とても大切なことになってくるのです。 パワーストーンが使えなくなるタイミングとは? パワーストーンというのは、一般的に宝石よりも脆かったり、色褪せしやすいものが多い天然石です。 そのため、宝石と違って、時間が経てば色が変わってしまったり、割れてしまったりするものが多いのが事実です。 パワーストーンとしても、色が薄くなってしまった、割れてしまったものは「力がなくなった」と解釈されます。 ですから、パワーストーンが色褪せたり、割れてしまったりしたものは、そのパワーストーンに感謝の気持ちを持って、処分をすることを考えたほうがいいのかもしれません。 パワーストーンの処分方法 では、実際にパワーストーンを処分しよう、と思ったときに、どうやって処分すればいいのでしょうか。 燃えないゴミとして出すのもいいですが、元はお守りだったものですから、ゴミとして処分してしまうのはなんだか違いますよね。 そんなときに一番良い方法が、「自然に返す」という方法です。 パワーストーンという名前がついていますが、元々は「天然石」、つまり石です。 ですから、石は元あった場所である「自然」に返すのが一番良い方法なのです。 例えば山や地面に埋めたり、川や海に沈めるというのもいいでしょう。 このときに、感謝の気持ちを持って処分する、というのが一番大切なことになります。 パワーストーンが色褪せるのは持ち主に対して力を使ったから、とも言われますし、パワーストーンが割れてしまったのはあなたの身代わりになった可能性が高かったりするのも事実です。 実際に過去には、ある旅人が事故に遭ったときに、旅人自身は無事だったものの、代わりにトルコ石の護符だけが割れていた、なんてことがありました。 ですから、そうして処分することがあったときには、残念に思ったり、ダメになったことを恨むのではなく、感謝の気持ちを持って処分をするようにしていきましょう。 今日の人気記事• パワーストーンの中で、青のパワーストーンも人気がある石の一つです。 青いパワーストーンには、どのような種類のがあ... パワーストーンの力は、そもそも科学的に計測できるようなものではありません。 そのためか、「パワーストーン... あなたは、パワーストーンの中で、茶色の石を見たことがありますか? 茶色の石だけでなく、他の石と組み合わさ... 愛と平和を意味するラリマー。 その効果とは恋愛や人間関係のコミュニケーション能力アップが期待され、悩みから解放さ... 今回は京都にあるパワーストーンのお店を紹介していきたいとと思います。 京都と言えば、旅行で訪れる方も多い場所。

次の

パワーストーンの捨て方/私は土に返しました。

パワーストーン 捨て 方

スポンサードリンク 縁起の良いものを手放すことは、どこか後ろめたい気持ちが災いして なかなか捨てられないものです。 こんな思いがこもったパワーストーンブレスレットやお人形とか縁起物を処分するにはどうすればいいのでしょうか。 縁起物やパワーストーンブレスレットの捨て方 処分の仕方 今は、神社でもお守りやブレスレットなどが売ってあります。 縁起を担いで購入されたお守りや開運グッズ、縁起物、パワーストーンブレスレットなどは、 「白い紙や布に包んで捨てる」ことができます。 白は、あらゆるものを反射させる力をもつ色。 布や封筒、紙など、白色だと何でもいいいので、 白いものに包んでくるんでしまえば、中に封じ込められたものの影響を封じ込めてくれます。 その場合、他のゴミと一緒に混ぜないで、 単体で捨てることです。 決して、生ゴミと一緒に混ぜないでくださいね。 お守りの効果は1年といわれています。 捨てる時には、心から「今まで見守ってくれてありがとう」と声に出して感謝の言葉を伝えましょう。 お雛様や五月人形の捨て方 処分の仕方 お雛様や五月人形などは、人の身代わりとして(ひとかた)、子供の成長や幸せを祈る場合が多くあります。 金運グッズや縁起物、パワーストーンと比べて、少し注意が必要だと思います。 私的には、なるべく有効活用して新しい持ち主さんを探してあげたいですね。 欲しい人や団体、施設に一声かけてみたらいいかもしれません。 保育所・幼稚園・隣保館・児童館・養護老人ホーム・市役所・図書館 などにあたってみてください。 あと、 リサイクルショップやオークションに出したりもいいです。 贈る方も贈られる方も幸せになる方法だと思います。 どうしても、次の持ち主が現れない場合は、 縁起物やパワーストーンと同じように、生活ゴミとして、 白い紙や布に包んで単体で捨ててください。 「今まで見守ってくれてありがとう」と声に出して感謝の言葉を伝えましょう。 その他、 お寺などで人形供養してもらったり、 地元のお正月の どんど焼きで御焚上げしていただくこともできます。 さいごに 世の中には、人それぞれ色々な考え方が有りますので、自分の気が済むようにされるとよいと思います。 人形や縁起物、パワーストーンを単なる飾り物として扱う人もいれば、人形は人の化身であり、粗末に扱うと罰が当る考え方をする人もいます。 人形は顔があるため、捨てるのに躊躇してしまいますが、子供が立派に成長してその人形が不要になったということは、その人形は本来の役目を終了した、現在はただの人形だという考え方もあります。 「今まで守ってくれてありがとう」と感謝をして、後悔しない自分なりの処分方法を決めてみてください。

次の

パワーストーンの処分。これもゴミとして捨てちゃっていいの?

パワーストーン 捨て 方

パワーストーンの捨て方についてですが、そもそも無理に捨てる必要はありません。 ただし、保管することがままならなかったり、過去の出来事に対して決別したい時などは、捨ててしまっても問題ないでしょう。 とはいえ、そのままゴミ箱に捨ててしまうことは、絶対に避けたいものです。 今まで身を守ってくれていたものですし、祟りが起きるということはありませんが、パワーストーンに対して失礼な行為であることに変わりはありません。 基本的には、近所にある川などに流すことが良いといえますが、もしも近くに川がないということであれば、神社やお寺で供養してもらったり、粗塩を振って清めてからゴミの日に出すという方法もあります。 その際、粗塩の他に、お神酒を掛けた方が良いという意見もありますが、お神酒が無いのであれば無理に用意する必要はありません。 それから、ついつい忘れてしまうのは、パワーストーンに対して感謝の気持ちを伝えることです。 形があるものはいつか壊れるものですし、石との相性が合わなくなったり、願い事が叶った時は、パワーストーンを処理するきっかけとなります。 しかし、散々お世話になったにもかかわらず、必要がなくなったからという勝手な理由だけで捨ててしまうのは、パワーストーンに対して失礼です。 特別に、お経などを唱える必要はありませんが、心の中でお世話になったことに対する感謝の気持ちを伝えながら、自然に返すようにすると、パワーストーンも喜ぶことでしょう。 パワーストーンの正しい捨て方とは?関連ページ パワーストーンの処分方法について調べてみました。 パワーストーンの処分方法は、そこまで難しいものではありません。 そこで、基本的な処分方法についてご紹介していきます。 パワーストーンを処分する場合、そのままゴミの日に捨てるべきなのか分からないという人は多いようです。 そこで、パワーストーンを捨てる際に、絶対に注意したいことについて3つご紹介していくことにしましょう。 パワーストーンの捨て方についてですが、ベストの手放し方というと、それは自然に帰すことです。 自然界、土、海、湖、川などにどこかに、パワーストーンを持っていくことです。 近くに自然が全くないという場合は、どこか静かでキレイな土地に行くのも良いでしょうし、思い出の地に行くのも良いでしょう。 パワーストーンの処分の仕方についてですが、様々なところで注意点が紹介されていますよね。 そのためか、多くの人がパワーストーンの処分の仕方は、こうあるべきという考え方に凝り固まってしまっているようです。 水晶は、パワーストーンとして身に付けることもあれば、お守りとして持ち歩くこともあるいといえます。 しかし、長く持ち歩いていれば、いずれ処分する必要に迫られる日がくるものです。 そのような時、どうやって処分すれば良いのでしょうか。 今回は神社へ奉納する方法について、ご紹介することにします。 神社を利用するといっても、冠婚葬祭や初詣くらいですので、パワーストーンを奉納するというとピンとこないかもしれません。 しかし、多くの神社で行っていますので、念のため事前連絡してからパワーストーンを持っていくと良いでしょう。 パワーストーンは、恋愛運や仕事運など、さまざまな効果をわたしたちにもたらしてくれるものです。 しかしこのパワーストーンは、長い間身につけていると、色が変わってしまうことがあります。

次の