ニコラ ぺぺ 背 番号。 ニコラ・ペペ(リール)のプレースタイルは?争奪戦必至のコートジボワール代表!

ニコラ・ペペ(リール)のプレースタイルは?争奪戦必至のコートジボワール代表!

ニコラ ぺぺ 背 番号

ウイイレアプリ攻略サイト「ボランチ」 です。 今日はウイイレアプリ2020のFP選手の紹介をしていきます。 ニコラ ペペ選手のレベルマックス時の能力値や、選手スキル、みんなの評価などを紹介します。 同名選手の関連記事一覧• PKキッカー• エラシコ• コントロールカーブ• シザーズ• ダブルタッチ• ヒールトリック• マリーシア• ルーレット• 足裏コントロール• 軸裏ターン• PKキッカー• エラシコ• コントロールカーブ• シザーズ• ダブルタッチ• ヒールトリック• マリーシア• ルーレット• 足裏コントロール• 軸裏ターン• PKキッカー• エラシコ• コントロールカーブ• シザーズ• ダブルタッチ• ヒールトリック• マリーシア• ルーレット• 足裏コントロール• 軸裏ターン• PKキッカー• エラシコ• コントロールカーブ• シザーズ• ダブルタッチ• ヒールトリック• マリーシア• ルーレット• 足裏コントロール• PKキッカー• エラシコ• コントロールカーブ• シザーズ• ダブルタッチ• ヒールトリック• マリーシア• ルーレット• 足裏コントロール• 軸裏ターン• PKキッカー• アクロバティックシュート• エッジターン• キャプテンシー• シザーズ• ヘッダー• ミドルシュート• ワンタッチシュート• 無回転シュート• 闘争心• アクロバティックシュート• エッジターン• コントロールループ• シザーズ• マリーシア• ワンタッチシュート• 足裏コントロール• 軸裏ターン• エッジターン• シザーズ• ダブルタッチ• ドロップシュート• ヒールトリック• ピンポイントクロス• ミドルシュート• ラボーナ• 足裏コントロール• 軸裏ターン• アウトスピンキック• エッジターン• エラシコ• シザーズ• ドロップシュート• ワンタッチパス• 低弾道ロブ• アウトスピンキック• アクロバティックシュート• ドロップシュート• バックスピンロブ• ピンポイントクロス• ライジングシュート• ルーレット• ロングスロー• 無回転シュート• 軸裏ターン 【FP】ニコラ ペペ選手のみんなの評価 選手評価 AA 評価点 8. 99〜9. 00 S 即ガチスカ級の神引き当たり選手 評価点:8. 99〜8. 50 AA 使用感によってはガチスカ候補の良引き選手 評価点:8. 49〜8. 00 A 使用感とライブアプデによってはガチスカ候補に入る選手 評価点:7. 99〜7. 50 B 基本的には使わないがプレースタイルやスキルによっては使える可能性あり 評価点:7. 49〜7. 00 C 基本的には使わない選手 評価点:6. 99以下 【FP】ニコラ ペペ選手のみんなの評価アンケート 【FP】ニコラ ペペ選手の「みんなの評価」の投票結果です。 Twitterのアンケート機能を利用して集計しています。 総合値や能力値だけでは判断できない「使用感の良さ」や「希少性」などもを含めて、多くのユーザーの意見が反映された結果ですので、是非参考にしてみてください。 【ポジション別】ランキング• CATEGORY• 1,070• 最新記事•

次の

フェリックスは背番号7を望んだのか?何か理由があってのコト?

ニコラ ぺぺ 背 番号

ポワチエFC 2012-2013 アンジェSCO 2013-2017 USオルレアン・ロワレ 2015-2016 レンタル LOSCリール・メトロポール 2017~ 彼の キャリアの始まりのクラブのポワチエFCってアマクラブなんですよね… そこから数年で今や、世界のビッグクラブが狙っているような選手ですからね、驚くべき成長ですね。 しかも今年の夏にはリヨン移籍が濃厚という報道も出ていたようですが、それを蹴って残留したとのこと。 その我慢が今季の躍進につながっているのでしょうか? また昨シーズンもいい数字を残していましたが、今季ほど驚異的なものではありません。 とにかく 今季のフォームが1年通して、どこまでいくのか?そこが一番気になるところです。 ニコラ・ぺぺのポジションとプレースタイルは? ニコラ・ぺぺが担当するポジションは 右ウィング、右サイドですね。 基本は右でのプレーですが、そもそものプレーエリアが広く色んな場所でボールを受け、得意のドリブルで切り崩していくのがプレースタイルの特徴でしょうか。 スポンサーリンク 一番はスピードとテクニックを活かしたドリブル コートジボワール代表のウィンガーということで簡単にイメージしやすいですよね。 まずは基本の 絶対的なスピードのおかげで、裏への飛び出しなども出来ますが、やはりボールを持った際の局面打開能力は抜群です。 攻撃に時間をかけないでカウンターをしたい時は、ゴール近くまで一気に運べる素早いランニング。 これだけでも対峙したディフェンスは嫌ですよね。 そしてスピードに乗らせまいと寄せたら、 びっくりするくらい上手い足元のテクニックでかわしてくるんですよね。 足元が非常に柔らかいのでしょう、 足先で巧みにボールを左右に揺さぶります。 ディフェンスに背中を預けながらのターンや、ワンタッチでディフェンスをかわすのも好んで使っていますね。 まあスピードは当たり前かもしれませんが、このテクニックは本当に驚きです。 イメージでは 北アフリカのドリブラーって感じです。 まあ単純にマフレズを最初に連想したんですけどね~でも彼よりはスピードがあります! もちろんそれぞれの技術はもちろんマフレズの精度には敵わないですけどね! でも上手く成長していったら、マフレズ超えも十分に可能な逸材だと思います。 左足から繰り出されるキックの精度もよし 正直ニコラ・ぺぺのドリブルは、去年の段階でもレベルは高かったです。 私は キックの成長が今季のここまでの活躍を生んでいるように感じます。 去年から比べて、 局面打開の鍵となる精度の高いパス、ゴール前での落ち着いたフィニッシュなどですね。 ドリブルを警戒しなければいけない選手なので、少し間合いを開けたら絶妙なパスを提供出来るようになり、プレーの幅がかなり広くなった印象です。 そして今は勢いに乗っていると自分でも感じているのでしょうね、 シュートへの積極性もかなり高いです。 そのシュートが上手くいくので、更にチャレンジしていくといった感じで、今はいいリズムでサッカーをやれています。 今はこの シュートの積極性を大切にして、変に縮こまらないようにシーズンを過ごして欲しいです。 シュートへの積極性があるおかげで、こんなに気持ちよくプレーできていると思いますので! 一方気になる部分を挙げるとしたら、 どんなエリアでもボールを持って、ドリブルをしようとするところや 身体の細さでしょうか、フィジカルコンタクトは苦手な方だと思います。 特に前者の方は見ていて、ハラハラするので、辞めたほうがいいと思います… ショートカウンターが好きなチームと対峙したら、いい餌になりそうです まあ成長の余地ありという感じで、単純にアタッカーとしては、現在のリーグアンの中では屈指の攻撃力を有している選手ではないでしょうか。 こちらにニコラ・ぺぺのプレー動画も置いておきますね。

次の

ブラジル代表最新メンバーと歴代メンバーの比較。最新スタメン・フォーメンション・年齢・背番号を公開!

ニコラ ぺぺ 背 番号

でのヨキッチ 右 2018年 No. 1stチーム : 2019• 出場:2019 2020• 1stチーム : 2016• MVP:2015 代表歴 キャップ 2014- 目次• 来歴 [ ] ユーロリーグ [ ] 2012年にの国内リーグでプロデビュー。 その後で名を上げたヨキッチは、で41位でから指名を受けた。 2014-15シーズンはのMVPに選出されるなど、大きく飛躍。 デンバー・ナゲッツ [ ] 2015-16シーズン [ ] そして2015年6月28日にと4年契約を締結。 11月18日の戦で23得点11リバウンドのを記録。 2016年2月1日の戦では、27得点14リバウンドを記録するなど 、ルーキーながら中心選手に定着し、最終的には平均10得点 7リバウンドを記録し2015-16シーズンののファーストチームに選出された。 2016-17シーズン [ ] 2017年1月16日の戦で、自己最高の30得点を記録。 同月19日の戦では、自己最高を更に更新する35得点を記録した。 2月3日の戦では、20得点13リバウンド11アシストを記録し、自身初にを達成。 11日の戦では、自己最高を更に更新する初の40得点を記録した。 また、全体で4位となる6回のトリプル・ダブルをマークし投票では第2位 とリーグでも有数のオールラウンドビッグマンとして大きく成長を遂げた。 2017-18シーズン [ ] 11月7日の戦で、自己最多を更新する41得点を記録した。 2018年2月1日に行われた戦で今季3回目のトリプル・ダブルとなる29得点、13リバウンド、14アシストを記録、試合はナゲッツが127-124で勝利した。 2月13日に行われた戦で今季4回目のトリプル・ダブルとなる23得点、13リバウンド、11アシストを記録、試合はナゲッツが117-109で勝利した。 2日後の2月15日に行われた戦で30得点、15リバウンド、キャリア・ハイの17アシストを記録、前半だけでトリプル・ダブルを記録する活躍で試合はナゲッツが134-123で勝利した。 また、ヨキッチは今回のトリプル・ダブルを14分33秒で達成しており、1955年にが記録した17分でのトリプル・ダブル達成を更新し、NBA史上最速の記録となった。 2月23日に行われたサンアントニオ・スパーズ戦で28得点、11リバウンド、11アシストを記録、これで3試合連続でのトリプル・ダブルとなった。 試合はナゲッツが122-119で勝利した。 3月7日に行われた戦で36得点、13リバウンドを記録、試合はキャバリアーズに113-108で敗れた。 3月11日に行われた戦で今季7度目のトリプル・ダブルとなる20得点、11リバウンド、10アシストを記録、試合はナゲッツが130-104で勝利した。 3月15日に行われた戦で今季8度目のトリプル・ダブルとなる23得点、12リバウンド、10アシストを記録した。 シーズン8度のトリプル・ダブルは1988-89シーズンにが記録した9度のトリプル・ダブルに次ぐチーム史上2番目の記録となった。 試合はナゲッツが120-113で勝利した。 3月19日に行われた戦で34得点、15リバウンドを記録、試合はヒートに149-141で敗れた。 4月1日に行われた戦で35得点、13リバウンドを記録、試合はオーバータイムの末、ナゲッツが128-125で勝利した。 4月7日に行われた戦で今季9度目のトリプル・ダブルとなる23得点、11リバウンド、11アシストを記録、試合はナゲッツが134-115で勝利した。 4月9日に行われた戦で今季10度目のトリプル・ダブルとなる15得点、シーズン・ハイの20リバウンド、11アシストを記録、試合はナゲッツが88-82で勝利した。 2018-19シーズン [ ] 2018年7月9日、ヨキッチはナゲッツと5年間で最高1億4800ドルの契約延長に合意した。 2018年10月20日、戦で35得点、12リバウンド、11アシストを記録し、チームも119-91で勝利した。 また、ナゲッツにおいて以来、シーズン最初の2試合でトリプル・ダブルを達成した二人目の人物となった。 ヨキッチはシーズン最初の1週間でWestern Conference Player of the Weekを受賞し、、、、、と並び、フランチャイズ史上3回以上受賞した6番目のプレーヤーとなった。 2018年11月3日、戦でシーズンハイとなる7得点、16アシスト、10リバウンドを記録し、チームを103-88で勝利に導いた。 2018年11月9日、戦でシーズンハイとなる37得点、21リバウンドを記録し、チームは112-110で敗北した。 2019年1月5日、戦でシーズンハイとなる39得点を記録し、チームは 123-110で勝利した。 2019年1月8日に、戦で29得点、11リバウンド、10アシストを記録し、チームは103-99で勝利した。 この試合でヨキッチは23歳で、NBAのキャリアで通算20回目のトリプル・ダブルを達成した。 これはとがともに22歳で達成して以来、3番目に若い記録である。 その2日後、戦で 18得点、14リバウンド、10アシストを記録し、チームも121-100で勝利した。 2019年1月13日、戦でシーズンハイとなる40得点を記録し、チームは116-113で勝利した。 2019年1月19日、戦で 19得点、12アシスト、11リバウンドで今シーズンでの6度目のトリプル・ダブルを記録し、124-102で勝利した。 これはNBAキャリアにおける彼の22回目のトリプルダブルである。 2019年1月27日、戦で32得点、18リバウンド、10アシストを記録し、チームは126-110で勝利し、自身もこのシーズン7回目のトリプルダブルを記録した。 2019年1月31日に、自身初となる2019年のウェスタン・カンファレンスのリザーブとして指名を受け、2011年のアンソニー以来のナゲッツからのオールスター選手になった。 そしてこのシーズンナゲッツはプレイオフに出場し、ウェスタンカンファレンスセミファイナルで敗退してしまった。 512. 333. 811 7. 0 2. 4 1. 6 10. 0 ナゲッツ 73 59 27. 577. 324. 825 9. 8 4. 8 16. 7 ナゲッツ 75 73 32. 500. 396. 850 10. 7 6. 1 1. 8 18. 5 ナゲッツ 80 80 31. 511. 307. 821 10. 8 7. 3 1. 7 20. 1 Career 308 267 28. 523. 345. 828 9. 6 5. 1 1. 7 16. 3 All-Star 1 0 13. 750. 000. 000 9. 0 0. 0 6. 506. 393. 846 13. 0 8. 4 1. 9 25. 1 Career 14 14 39. 506. 393. 846 13. 0 8. 4 1. 9 25. 1 プレースタイル [ ] ビッグマンとしては突出した視野の広さ、ボールハンドリング、パススキルの持ち主であり、コート上であらゆるパスを操り相手ディフェンスを混乱に陥れる。 ミドルレンジや3Pシュートにも長けており、得点能力も高い。 リバウンド能力も年々向上し続けており、現役屈指の攻撃型センターとして名を馳せている。 セルビア代表 [ ] でに初招集され、準優勝に貢献。 でも銀メダル獲得に貢献している。 脚注 [ ]• draftexpress. com 2014年. 2017年閲覧。 accessdateの記入に不備があります。 Basketball-Reference. com. 2018年2月3日閲覧。 ESPN. com. 2018年2月1日. 2018年2月17日閲覧。 ESPN. com. 2018年2月13日. 2018年2月17日閲覧。 ESPN. com. 2018年2月15日. 2018年2月17日閲覧。 Tim Cato 2018年2月15日. SBNation. com. 2018年2月17日閲覧。 ESPN. com. 2018年2月23日. 2018年2月25日閲覧。 ESPN. com. 2018年3月7日. 2018年3月8日閲覧。 Gina Mizell 2018年3月11日. denverpost. com. The Denver Post. 2018年3月12日閲覧。 ESPN. com. 2018年3月15日. 2018年3月20日閲覧。 cbssports. com. 2018年3月15日. 2018年3月17日閲覧。 cbssports. com. 2018年3月20日. 2018年3月20日閲覧。 ESPN. com. 2018年4月1日. 2018年4月2日閲覧。 Christopher Dempsey 2018年4月7日. NBA. com. 2018年4月9日閲覧。 ESPN. com. 2018年4月9日. 2018年4月11日閲覧。 [] 外部リンク [ ]• ニコラ・ヨキッチ --- 略歴と通算成績 --- , (英語), (英語), (英語), (英語)• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の