いわき 市 土砂崩れ。 いわき市鹿島街道土砂崩れ!現場は鹿島アネックスビル付近!現在通行止めの状況や画像など

いわき市の大雨警戒情報

いわき 市 土砂崩れ

大雨の影響で土砂災害の危険が高まっているとして、福島県いわき市は25日午後6時50分、市内全域の14万3699世帯、34万205人に警戒レベル4の避難指示(緊急)を発令した。 市は崖や急傾斜地の近くの住民には避難を呼びかけ、外が危険で避難が難しい場合は、崖からできるだけ遠い建物の2階以上に移動するなど命を守る行動を求めている。 同市内では台風19号の大雨の影響で夏井川や好間川が氾濫(はんらん)し、9人が犠牲となった。 宮川が氾濫 福島県いわき市は25日午後7時25分、市内を流れる宮川が氾濫(はんらん)したと発表した。 付近の住民には避難所などの安全な場所に避難するか、建物の2階以上などの高いところに避難するよう呼びかけた 夏井川が氾濫 福島県いわき市は25日午後9時、同市小川町関場で夏井川が氾濫(はんらん)した、と災害発生情報(警戒レベル5)を発令した。 台風19号の大雨の影響で、夏井川とその支流が氾濫し、市内では9人が亡くなった。 市は付近の住民に対し、避難所などの安全な場所に避難するか、建物の2階以上などの高いところに避難するよう、緊急速報などで呼びかけた。 いわきで土砂崩れ 25日午後7時15分ごろ、福島県いわき市常磐湯本の傾城団地で住宅が土砂崩れに巻き込まれたと、隣人から119番通報があった。 消防が現場に駆け付け、約50分後にこの家に住む男性(74)を救出した。 男性の命に別条はなく、他に巻き込まれた人も確認されていないという。

次の

いわき市

いわき 市 土砂崩れ

最終更新:11月8日午後3時19分 東電福島第一原発事故に伴い、いわき市にも整備された太陽光発電施設を巡って、一部の業者による法令違反の開発が問題視されていたが、小名浜上神白の現場では、10月25日の大雨によって、隣接する家屋に土砂が流れ込む被害が生じた。 住民の70歳代男性は危険を察知し、土砂崩れの前に、小名浜武道館に避難していたが、「これは自然災害ではなく人災だ」と憤る。 ここは都内の業者が、一部の伐採届のみしか提出せずに、市が必要とする計画も無いまま、ソーラーパネルを設置した場所だ。 市は再三にわたって中止するよう要請したが、売電まで始めた経緯がある。 急な傾斜に排水も不十分とあって、小規模な崩落を繰り返していた。 ただ太陽光発電そのものが投機商品に成り下がり、最初の業者から権利が転売され、責任の所在も二転三転する事態に。 住民の男性は業者に加え、市や所管する経済産業省に何度も申し入れをし、のり面の補修が進められている矢先だった。 [ここで自由に生きていく権利がある] 原発事故を踏まえ、国が進めた小規模太陽光発電の固定価格買い取り制度(FIT)のしわ寄せを受ける結果となった訳で、市の担当者も「権限が限られる中、業者を指導してきたが」と語る。 一方で、住民の男性からの一報で、市はすぐに業者に連絡を入れ、早急な対応を強く求めた。 業者も土砂崩れに対して見舞金を渡しているが、住民の男性は「ここで自由に生きていく権利がある。 今後の生活の見通しが立たない」と苦しい胸の内を明かす。 のり面の補修にも、不信感を募らせる。 崩れた土砂の中から、以前に使用したとみられるブルーシートが露出した。 家屋に流れ込んだ土砂の影響で、夜は居間での就寝を余儀なくされている。 いつまた大雨が降るかも分からない。 経済産業省も事態を見守る。 市の担当者は「住民の方が、安心して暮らせる環境が何よりも一番。 可能な範囲で最大限、業者の監督は継続していく」と強調した。 写真は、土砂崩れが起きた翌日朝の現場の様子。 右上にブルーシートが露出している(住民の男性提供=クリックで拡大) <台風19号関連情報 こちら(更新中)>.

次の

いわき市鹿島町久保付近で発生した土砂崩れに関して|お知らせ・TOPICS|いわき市観光サイト

いわき 市 土砂崩れ

2019. 26 Mon 更新 スタッフブログをご覧いただきましてありがとう ございます。 福島県いわき市の塗装会社 プロタイムズいわき店 株式会社郡山塗装いわき支店の藤本です。 先日鹿島街道でおきた土砂崩れによる通行止めの為 現在、いわき店から平方面間の移動に迂回が必要な状況です。 大冒険でした・・・ 当時は洞窟とか防空壕跡と聞かされていましたが ぼーくーごう? 実は「久保の磨崖仏」といういわき市指定有形文化財が あった場所なのだそうです。 公共工事がメインでしたが、郡山市、いわき市、白河市の福島にお住まいの皆様から、「戸建て住宅の 外壁塗装や屋根の塗り替えを、郡山市や白河市、いわき市でも行ってほしい」という声が多くなり、 外壁塗装や屋根の塗り替えリフォームの事を気軽に安心してご相談できるお店にすべく、事業を立ち上げさせていただきました。 全ての仕事の先にあるのは、お客様の笑顔。 」 を会社の目的として、これからも福島県内塗装業界No. 1の実績と信頼の技術で、 多くの人々に喜んでいただき、福島地域の皆様と共に生き、地域にとって必要とされる企業であり続けられるよう頑張ってまいります。 どうぞ宜しくお願いします。 福島県にお住まいの皆様へ 私たち郡山塗装は40名を超える自社塗装職人、国家資格塗装技能士の工事会社です。 マナーにこだわり、塗装品質にこだわり、過去に福島県内で10,000件を超える塗装リフォームを行ってきました。 ひとつひとつの工事工程を丁寧に、そして、手作りで創り上げる世界に1つしかない作品としてお客様の予測を超えるリフォーム工事にしてまいります。 「全ての仕事の先にあるのは、お客様の笑顔。 」という理念を大切にして、これからも福島県塗装実績No. 1企業としての誇りを胸に、 多くの人々に喜んでいただき、福島と共に生き、福島にとって必要とされる企業でありづづけられるよう頑張ってまいります。 どうぞ宜しくお願い致します。 外壁塗装&屋根リフォーム&雨漏りリフォーム&防水リフォーム&外壁リフォーム専門店 郡山塗装 福島県で外壁塗装をお考えの方はこちらへ 福島の外壁塗装&屋根専門店郡山塗装へのお問合せはこちらです 0120-316-336 メールでのお問い合わせはこちらです 福島県知事許可 般-26 般-31 第3429号 外壁塗装&屋根専門店、いわき市・白河市・福島市・郡山市・須賀川市・二本松市・本宮市・田村市 株式会社郡山塗装 郡山本店 〒963-0547 福島県郡山市喜久田町卸三丁目38-1 TEL: 0120-316-336 FAX: 024-963-1451 白河店 〒961-0856 福島県白河市新白河1丁目36 TEL: 0120-880-136 FAX: 0248-21-5136 いわき店 〒971-8151 福島県いわき市小名浜岡小名字御代坂1-1 TEL: 0120-38-3521 FAX: 0246-38-3532 福島店 〒960-0231 福島県福島市飯坂町平野字東石堂12-1 TEL: 0120-00-1282 FAX: 024-597-8111 那須塩原店 〒329-3152 栃木県那須塩原市島方31-3 TEL: 0120-123-560 FAX: 0287-73-5983•

次の