アズールレーン 経験値。 ╬└╝╦

╖╨╕│├═╔╜

アズールレーン 経験値

戦術データ収集とは 経験値が必要な開発項目 戦術データ収集とは、開発艦を製作するために必要な開発項目のこと。 達成には300万~360万という膨大な経験値を要求されるため、開発に長期間かかる要因のひとつとなっている。 そのため、同時に進めることはできないことに注意。 キャラごとに陣営や艦種が異なる 経験値を取得できるキャラに条件あり 戦術データ収集の経験値は、取得するキャラにも制限がある。 陣営や艦種、主力か前衛かなど条件が設定されており、要求されるキャラを育成していない場合は少し厄介。 経験値の入手方法にも条件あり 毎日クエストを含めた海域のみが対象 経験値の入手方法も「出撃」に限られており、海域やデイリーチャレンジで取得した経験値しかカウントされない。 無凸キャラでもカウントされる 表示は0でも経験値はカウントされる 限界突破が完全でない場合、レベル上限に達すると入手できる経験値は0になる。 ただ、表示上は0だが戦術データ収集にはカウントされているので安心してほしい。 戦術データ収集の効率の良い進め方 得られる経験値を増やそう コンディションボーナス キャラのコンディションが最大だと、 戦闘後の獲得経験値量が1. 2倍になる。 キャラを寮舎に入れておくことでコンディションがアップするので、周回する予定のあるキャラは、忘れずに寮舎に入れておこう。 MVPボーナス 戦闘で最もダメージを稼いだキャラは「MVP」となり、 得られる経験値が2倍になる。 経験値効率にかなり影響してくるため、編成に応じて艦隊内のダメージを調整しよう。 Point 前衛艦にMVPを取らせたい時は、主力に工作艦や低火力のサポートキャラを編成したり、装備を無しにしたりなどで、ダメージ調整ができます。 旗艦ボーナス 旗艦に設定したキャラは、獲得できる経験値が1. 5倍になる。 戦艦キャラで経験値を稼ぐ際は頭にいれておこう。 規模が大きいほど敵が強く獲得できる経験値も多いため、レベリング時は積極的に挑んでいくことをおすすめ。 消費燃料を無視して、経験値の蓄積のみを考えるのであれば、 対象艦を複数編成したほうが効率的。 当然増えた燃料分周回できる数は減ってしまうので注意。 無凸Lv70キャラを活用しよう 時間効率重視で複数艦編成する場合、できれば燃料は低めに抑えたい。 低レアリティかつ、 限界突破していないキャラであれば燃料消費が少ないため、この機会に育成しておきたい。 Point 勿論、 無凸キャラでは厳しい海域であれば無理に編成しなくてOK。 前衛艦は6章程度まで、戦艦は自爆ボートさえ対処できれば8章もいけます。 あくまでドロップ狙いのついでなら 3-4,6-4など、レア艦や装備を狙っての周回であれば、 対象艦を無理に複数編成する必要はない。 対象艦をメインに編成しつつ、低燃費でおさまるように編成しよう。 編成に余裕ができるのでMVP調整しやすいこともメリット。 6章 夕立はもちろん、強化パーツT3や優秀な装備設計図等、周回するメリットが多い。 6章よりやや難易度があがるものの、 無凸Lv70キャラなどが揃えば低燃費周回できる範囲。 当然6章より入手できる経験値が多い。 9章 改造でSSRとなる「ニコラス」、ドロップ限定の「新月」などが目当てとなる海域。 9章から難易度が一気に上がるため、無凸キャラを活かした低燃費編成を組むのが難しくなる。 所持していない場合は、ドロップを狙いつつ積極的に周回していきたい。 11章 魚雷と敵回避率ダウンが強力な軽巡「川内」がドロップする海域。 開発しつつ低燃費での周回は厳しくなるので、あくまでドロップ狙いが主目的での周回がおすすめだ。 12章 SSRの重巡艦「鳥海」が入手できる海域。 性能面では「神通」「川内」より優先度が下がるので、周回の優先度も低め。 13章 13章で入手可能なSSR空母「バンカー・ヒル」は強力だが、ここを周回できる戦力であれば有用な空母が揃ってきている筈。 したがって編成も縛られがちな13章で開発艦の周回を行う必要性は薄い。 Point 敵の攻撃が激しくなる 9章以降は低燃費周回が難しいです。 デイリークエストの編成を工夫する デイリークエストでも経験値を入手でき、毎日やることなので意外と経験値が貯まりやすい。 種類が選べる 「戦術研究」などは、編成とクエスト内容を一致させておきたいところ。 Point 対象艦が 前衛艦か主力艦かで「主砲」「雷撃」をわけて選択するようにしましょう!巡洋艦は魚雷をもったキャラにするのも忘れずに。 高水準のステータスと、使いやすい味方全体強化スキルを持つ。 入手も簡単なので育成しやすい。 基本性能はクリーブランドとほぼ同じで、スキルのみ巡洋艦強化スキルに変化している。 当然強力なキャラだが、SSRなので低燃費周回には向かないことに注意。 基本性能はクリーブランドとほぼ同じで、スキルのみ自身のダメージUPスキルに変化している。 クリーブランドより優先度は下になるが、強力なキャラなので育成しても問題ない。 こちらも基本性能はクリーブランドに似ているが、スキルが自己強化に特化している。 ドロップ入手は10-3と難易度が高いが、建造でも入手可能なので所持している場合は育成しておこう。 アズレンでは貴重なデバフ持ちのキャラ。 敵の被ダメージをUPできるスキルを持ち、他で代用できないキャラなので育成しておいて損はない。 重巡だが元がR艦の改造キャラのため、燃料消費は控えめ。 周回の際は回避値を高める設備等で待ち伏せ艦隊対策することをおすすめ。 優秀な回復スキルを持ち、単艦での運用で真価を発揮する。 未育成なら必ず育成しておこう。 基本性能はフェニックスとほぼ同じで、スキルが巡洋艦強化スキルになっている。 フェニックスの回復スキルが発動しない状況なら、ブルックリンのほうが活躍できるので、低燃費用に育成しておいてもいい。 こちらも基本性能はフェニックスとほぼ同じで、スキルが自身のダメージUPスキルに。 優秀なキャラだが、入手手段が10-2ドロップのみと限られている。 そのため、ユニオン主力 空母OK という制約しかないジョージアの開発にうってつけ。 消費燃料こそ多いものの、最高難度の海域にも対応できる強力な空母。 このキャラが育っていなければ併行して育成しても後悔しないだろう。 空母ながら砲撃を行うスキルは序盤において多いに活躍し、改造によって後半も末永くお世話になれるキャラ。 初回課金特典の報酬でもあるキャラなので、課金ながら確実に入手できる点も魅力。 攻防共にハイレベルな、超優秀艦。 完凸が未育成なら育成すべきだが、周回時の燃料消費が多いことには注意したい。 戦闘が早く終了するのはもちろん、元がR艦の改造キャラなので低燃費なのも評価できる。 エイジャックスと同性能なのでどちらかをお好みで育成。 両方育成も悪くないが、改造の負担が大きくなることに注意。 戦闘毎の回復も低燃費編成時には嬉しい効果だ。 ただし、イベントのみでの入手なのでそこは注意。 使いやすい徹甲弾強化スキルと高い耐久値を持つ、ロイヤル編成の鉄板キャラ。 ただし、開発後に入手できるネプチューンと役割が被ってしまっているので、そこは注意したい。 元がN艦の改造キャラなので低燃費。 未改造でもスキルが優秀なので、無凸Lv70で低燃費運用するのもかなりおすすめ。 非常に高い耐久値と、発動が安定する広範囲の特殊弾幕が強力。 あらゆる場面で出番があるので、是非育成しておきたい。 高ダメージの主砲攻撃で演習から海域までどこでも出番のある強力なキャラ。 支援砲撃を行うので手数が多く、時間効率も良い。 所持している場合は必ず育成しておきたいキャラだ。 発動はやや不安定なものの、強力な特殊弾幕で手数を増やせる。 突破しても悪くないが、スキルLvをあげれば低燃費で運用できる、無凸状態での育成をおすすめ。 ネルソンとほぼ同性能。 どちらを育成するかはお好みで。 両方の育成も悪くはない。 スキルでロイヤル艦を強化できるため、前衛艦をロイヤルで統一するネプチューンの開発時に活躍。 当然、ロイヤル戦艦でもあるのでモナークの開発時にも使えるキャラ。 その為、新規の指揮官にとっては比較的参入しずらい陣営となっている点に留意したい。 周回の適正は低めだが、高難度海域の攻略で活躍するので、この際に育成しておいてもいい。 育成優先度は低めだが、鉄血巡洋艦は数が少ないので育成してもOK。 トップクラスの火力値と強力な全弾発射を持つキャラ。 ただし速力が非常に遅く自爆ボートを迎撃しづらいので、設備で速力を補っておきたい。 性能はドイッチュラントほぼ同じ。 前衛艦に重巡を編成しすぎると、待ち伏せ回避が難しくなるので、バランスを考えつつ編成したい。 レア軽巡で低燃費かつ、優秀な巡洋艦強化スキルを持つ。 鉄血軽巡艦は数が非常に少ないので、低燃費編成を組む際は重要なキャラになる。 元がノーマルの改造艦なので低燃費。 自爆ボートへのダメージUPスキルが、主力艦隊を守りたい低燃費編成で活躍できる。 ノーマルキャラなので低燃費。 ステータスは当然低めだが、スキルで巡洋艦を強化できるので悪くない。 基本的に低燃費編成での使用になるので、無凸での育成をおすすめ。 自己強化スキルをもつが、元のステータスが低めなのでやや活躍しづらい。 こちらも出番は低燃費編成なので、無凸での育成をおすすめ。 かつて厳しい評価だった鉄血の爆撃機だが、爆撃機の挙動に調整が入り十分実用可能なレベルに押し上がった。 現在は運要素の少ない安定感のある空母となっている。 戦艦としての能力は十分以上で、主に海域において心強い主力艦に育つ。 強力な砲撃型特殊弾幕を展開できる空母。 グラーフ・ツェッペリンが鉄血全体の防御を上げるのに対し、こちらは編成した鉄血の数だけ自身の攻撃性能が上昇する。 ティルピッツと編成する際は先方のスキル発動を阻害してしまう点には注意。 グナイゼナウが威力強化なら、こちらは手数強化と言える構成。 戦力はほぼ同等ながら、砲撃スキルの対象がランダムなのでグナイゼナウの方が僅かに扱いやすいか。 その為、新規の指揮官にとっては参入しずらい陣営となっている。 2種の攻撃系スキルを持ち、スキル発動時のダメージは高い。 ただしスキル発動率が低めなことと、SSレア重巡なので燃料消費が多いことに注意。 バランス調整で榴弾強化スキルにダメージUP効果が追加され、使いやすいキャラになった。 ただし、高雄と同じく燃料消費が多いことは頭にいれておきたい。 軽巡砲搭載可能な点とスキルの特性がかみ合った傑作重巡。 巡洋艦の取得経験値アップスキルを持ち、レベリングが楽になる。 更に燃料消費が他のSレアより低く、性能もそこまで悪くない。 伊吹開発時は優先して育成しておきたいキャラだ。 元がノーマルの改造艦なので低燃費。 重桜の軽巡艦は入手難度が高いキャラが多いが、阿武隈は入手しやすい。 改造で戦力増強を図ったり、低燃費編成用に無凸育成でも問題ない。 ノーマルキャラだがステータスはバランスがよく、自己強化スキルもあわさって意外と使いやすい。 無凸育成しておけば低燃費周回時に活躍できる。 最初期から存在する雷撃の鬼で、その戦闘力は現在も衰えない鉄板キャラの1人。 ペアで運用することで航空値の強化、及び初回の航空攻撃を2倍の速度で装填完了することが出来る。 海域でも演習でも強力なペアの為おすすめ度は高いが、ドロップ限定かつドロップ率がとても低いのが難点。 改造は手間だがドロップ率が比較的易しいのも魅力。 重桜キャラを強化できる戦艦。 自爆ボート迎撃が得意で、自身の被ダメージダウンのスキルも含めてかなり打たれ強い。 三笠軸の重桜艦隊を編成する予定なら、この際に育成しておいてもいい。 発動確率が高く、攻撃範囲も広い特殊弾幕が強力。 ただ、無凸時の消費燃料が多いことがネックか。 基本性能は霧島と同じ。 スキルも自身含めた金剛型を強化する、常時発動する効果なので扱いやすい。 基本性能は霧島と同じ。 基本性能は霧島と同じ。 スキルがやや使いづらいので、霧島より育成優先度は低い。 優秀なステータスと特殊弾幕スキルを持つハイスペックなキャラ。 旗艦に配置しないと特殊弾幕の数が減ってしまうことには注意。 高い主砲のダメージと、低レアならではの少ない消費燃料が魅力。 山城改にしてましうと副砲が装備できなくなるので、近代化改修前の段階でストップしておくのがおすすめ。 山城とほぼ同性能。 育成するのは好みで選んでOK。 もちろん両方育成するのもあり。 山城とほぼ同性能。 こちらは期間限定建造キャラなので入手が難しい。 自身の火力値アップスキルと、戦艦の火力値アップスキルを持つキャラ。 2種類とも自身は対象に入るので非常に火力値が高く、常時発動スキルなので使いやすい。 スキル上げは、味方戦艦のサポートスキルを優先して上げていきたい。

次の

【アズールレーン】キャラクターの経験値の効率的な稼ぎ方

アズールレーン 経験値

経験値 合計300万は、やっぱり時間かかりますね。 さっそく、秘書官として採用しています。 けっこう高飛車なキャラなんですね。 そこがまた、いい・・・ ちなみに、次の開発対象は ローンにしました。 何かこう、ビビビッときたので。。 ローンの「戦術データ収集」には、 鉄血巡洋艦の経験値が必要です。 よーし!経験値集めるぞーー!! さて、ここからが本題です。 ネプチューン開発のときは、経験値集めが楽でした。 手持ちのガチロイヤル部隊を、11章でブン回せばOKだったので。 ところが、ローン開発の場合は、上述のとおり 「鉄血巡洋艦」の 経験値が必要です。 じつは、ウチの鉄血勢、そこまで育っていないんですよね~ 寮舎&委託レベリングで、70くらいまでは上げてますが・・・ 後半海域での戦闘は厳しそうです。 なので、ネプチューンのときよりも、 効率を考えて、経験値を稼ぐ必要があります。 とくに、 MVP調整は、かなり重要、かつ、差がつくポイントなので、しっかり考えたいです。 というわけで、今回は・・・ 僕が実践している、巡洋艦の経験値稼ぎのポイントや、MVP調整方法をまとめます。 少しでも、経験値稼ぎの参考になれば嬉しいです。 小型艦:1. 中型艦: 1. 大型艦: 1. ボス艦: 1. 5倍 余裕があれば、強い敵とバトルしましょう! S勝利を狙う S勝利すれば、 1. 2倍のキャラ経験値を貰えます。 旗艦に配置する 艦隊の旗艦に配置したキャラは、 1. 5倍の経験値が貰えます。 モナークや出雲など、戦艦の経験値が必要な場合は、必ず戦艦を旗艦にしましょう。 MVP調整をする MVPを獲得した艦は、 2倍の経験値をゲットできます。 上手く調整できれば、かなりの経験値を稼ぐことができます。 MVP調整方法と、使用している艦 巡洋艦にMVPを取らせるには、 主力艦の火力を落とすことが必要です。 ただし、落としすぎると、戦闘が安定しないので、 バランスが大切! この調整が、難しくもあり、楽しくもあるんですよね。 ここでは、僕が今やっているMVP調整方法と、使用している艦を紹介します。 まだまだ改善できると思うので、良かったら、叩き台にしてみてください。 編成は、こんな感じです。 メインで周回しているのは、7-2です。 あそこは「?」マスで資金を貰えるので、よく周回しています。 科学研究のせいで、最近金欠気味です・・・ なお、道中編成に無凸ユニコーンを追加すれば、8-1の周回もできます。 9章以降は、もうちょっとレベルが上がってからチャレンジしたいです。 【道中用】 【ボス用】 基本的に、鉄血巡洋艦は、テンプレ装備に近いです。 レベルが低めなので、応急修理装置は2つ積むようにしています。 とりあえず、手持ちの鉄血巡洋艦を配置してるって感じです。 やはり、ポイントとなるのは、 主力艦です。 個人的に、よく使っているのが、アリゾナです。 回復スキルのおかげで、前衛が長持ちします。 主砲には、攻撃速度の早い 283mmSKC34三連装砲T3を装備しています。 MVPを取ってしまうことがあれば、無改造のものを使うといいです。 ちなみに、無改造のダメージ量はこちら。 ただ、現状のアリゾナだと、7-2の自爆ボートを処理できていません。 とりあえず、今は応急修理2積みで、耐えてます。 ボス用のネルソンには、火力を落とすために、無改造の主砲を装備しています。 こんな感じで、7-2なら、MVPを取られず、抑えられています。 ちょっとギリギリなので、もっと火力の低い主砲のほうがいいかも。 副砲には、自爆ボート迎撃に優れた 152mm三連装砲Aを装備して、守りを固めています。 ネルソンは副砲発射速度が早いので、7-2の自爆ボートなら、ほぼ処理してくれます。 サポート役のユニコーンは、とにかく回転率重視で、Me-155A艦上戦闘機を搭載。 攻撃機も、無改造のものを選択しています。 無凸ユニコーンを使う場合は、少し火力を上げてもいいかもしれません。 さいごに こんな感じで、7-2メインで周回しています。 8章に行くときは、無凸ユニコーンを追加したり等、調整しています。 「ギリギリMVPを取らないライン」 コレを見つけにいく作業が、地味に楽しかったりします。 上手く調整できたときは、ニヤニヤが止まらない・・・ 経験値集めは、長~~い道のりですが・・・ 楽しみながら、コツコツ周回を重ねていこうと思います。 待ってろよ!ローン!! ここまで読んでくださり、ありがとうございました! MVP調整の関連記事です。

次の

サン・ルイ建造のためのユニオン巡洋艦経験値貯めお勧め周回マップ・編成について

アズールレーン 経験値

各計画艦ごとの任務内容は以下の表のとおりとなっている。 そのためそれらの艦は育成を後回しにするか、対象艦種が前衛艦隊であれば主力艦隊を、主力艦隊であれば前衛艦隊を編成するという風に対象艦種とは異なる艦種を編成に組み込むと経験値を無駄にすることなく入手出来る。 累計獲得経験値の条件 累計獲得経験値として判定されるには条件があり、上記の対象陣営、対象艦種の他にも下記の判定条件がある。 演習、委託、寮舎、大講堂での取得経験値は累計獲得経験値に追加されない。 デイリー海域、通常海域 おそらくイベント海域も は累計獲得経験値に加算される。 各艦種及び陣営の該当艦であれば突破を行っていないLv. 70艦や未覚醒のLv. 100艦やLv. 110艦でも獲得した経験値分、累計獲得経験値に加算されていく。 経験値の集め方 寮舎を活用する 寮舎に入れておいた艦船少女は一定時間ごとにコンディションが回復していき、コンディション値が一定数以上になると寮舎に入れている艦船少女しかならない「絶好調」に変化する。 そのため「戦術データ収集 I」で16万経験値、「戦術データ収集 II」で32万経験値分の海域周回が浮くことになるので周回させる艦船少女は是非とも寮舎に入れておきたい。 寮舎は1階よりも2階のほうが時間辺りに回復するコンディション値が多いため、2階を開放しているのであれば周回させる艦船少女は2階に配属することがオススメ。 艦隊編成について 編成は基本的に対象艦を3艦編成し、それ以外は1艦のみ ネプチューンであればロイヤル陣営の巡洋艦3隻に主力艦1隻 が最も時間と経験値の効率が良くなる。 ただし1隻となるほうはその1隻が大破してしまうとその時点で撤退となってしまうため、主力が1隻のみの場合は基本的には耐久力が高い戦艦で出来れば自爆ボートの処理が得意な艦船少女がオススメ。 前衛が1隻の場合は雪風やフェニックス、ネプチューンといった耐久力に優れた艦船少女が良いだろう。 MVPは対象艦に取得させる 経験値はコンディションボーナスの他にも旗艦ボーナスで1. 5倍やMVPボーナスで2倍増加する。 旗艦ボーナスは前衛艦隊では取得することが出来ないため「ネプチューン」「サン・ルイ」「モナーク」「ローン」「伊吹」では活用することは出来ないが、MVPボーナスは全艦種で取得することが出来るため出来るだけ活用していきたい。 MVPボーナスを前衛艦隊に取らせたい場合、単艦で強力なDoYやティルピッツといった艦船少女が主力艦だと奪われてしまうことが多々あるので、火力に関する装備を下位互換のものに変える、装備自体を外すといったことが必要となるので注意。 「伊吹」の建造を行う際は是非とも「夕張」を編成に入れよう。 無凸艦で編成する Lv. 70の無凸艦を利用することで消費燃料対入手経験値の効率は非常に良くなる。 ただし一方で消費時間対入手経験値の量はLv. 100艦や覚醒Lv110艦よりかは悪くなってしまうということや入手した経験値は無駄となってしまう。 早ければ5月中にも実施されるであろうLv. 120の上限解放を控えており、必要とする経験値が莫大なものとなっているということもあるので無凸艦での経験値入手は個人的にはあまりオススメはしない。 番外編:周回時にはAndroidエミュレータの利用がオススメ 周回を行う際には戦闘画面が多く描写されることから端末が非常に熱を持つようになる。 Androidよりかは最適化されているであろうiOSでさえかなりの発熱となるため端末やバッテリーの寿命をかなり減らしてしまう可能性があるのでAndroidエミュレータである「Nox App Player」を使用することを推奨したい。 他のソーシャルゲームではAndroidエミュレータの利用が禁止されていることが多いものの、「アズールレーン」は不具合が発生した場合、自己責任にはなるがAndroidエミュレータの利用は黙認されているのでPC環境があるのであれば利用するようにしよう。 Nox App Playerダウンロード先:.

次の